向上心のないものは馬鹿だ。

酒と珈琲とアイドルの話。

東京リリイベ日帰り弾丸遠征-もちょリリイベ編-

やまたまさんに別れを告げ、バス乗り場へと向かう。

 

仙台公演の時と同じバス乗り場で、ギリギリでバスを逃すという悲劇を思い出して軽く鬱になりながらも、今回は無事に乗ることが出来た。

 

今まで夜行バスに乗る回数は年に2回ほどしかなかったのに、今年から急激に増え始めたあたり人生が楽しくなってきた証拠だろうか。いや今までも全力で遊んでたんですけど。

 

そんな感じで、無事東京着。

 

朝7時。久々の新宿。せっかくだから優雅な朝食にしたい。

 

と思って選んだのが「珈琲貴族エジンバラ」という喫茶店

 

f:id:kamituka_tomo:20190605234527j:plain

コーヒー一杯で1000円。飯が食えねぇ。

せっかくだから珈琲の美味しい店に行きたいと思って何となく選んだ結果がこれだよ!一杯1000円とか何それ初めて聞いたわ。普通のラーメンより高い。

 

とはいえここまで来たからには味わうしかない。ええい儘よ!

 

・・・美味しい。

 

正直、今まで飲んだ中で3本の指に入るレベルの美味しさ。もしかすると1位かもしれない。口当たりがまさに段違い。さすが一杯1000円は伊達じゃないなと感じた。見たところによると一杯一杯丁寧にサイフォンで淹れているようで、東京に住んでいたら通っていたんだなぁと読書しながら思ってしまった。

 

さて、3時間くらい喫茶店で暇を潰して、そろそろ暇だなと思い新宿のタワレコへと足を運ぶことに。ミリオンのポップが可愛くて毎回見に行ってしまう。

 

タワレコに着くと、何やら今日は立花理香さんの2ndシングル『Returner Butterfly』の発売記念イベントがあるらしく。まぁどうせ見れるわけではないだろうし…と思いつつミリオンCDを漁っていると、

 

立花理香「こんにちはー!!!」

 

客たち『フゥー!!!!』

 

え。

 

いや普通に一般の客から見えるスペースにりっかさまいらっしゃるんですけど。いいの???

 

後々知ったことだけど、意外と新宿タワレコのイベントスペースで行われるトークやミニライブは割と誰でも見れるらしく、偶然居合わせた僕は、そのまま立花理香さんのCD発売記念イベントを後方から楽しませていただきました。いやー僥倖僥倖。しかもミニライブが終わった後、後方から手ぶんぶん振ってたら「後ろから見てくれたそこの人もありがとー!」って返してくれたし嬉しかったですね(キモオタスマイル)。もちょのリリイベに来たはずが、りっかさまのリリイベ?に参加することになるとは予想外。

 

この後のお渡し会は何やら場所が変わるらしく、ここで退くかなと思ったところに、今日これから(リリイベ以外)ずっと行動を共にしてくれる そよkunn

と合流。

 

とりあえず昼飯を食おうと新宿を歩き回る。早く麺を食わせろ。俺は朝から珈琲しか飲んでねえんだ。

 

とか何とか思っていると、目的の店が何と移転。移転先がまさかの今まで歩いてきた方向とまさかの真逆。そして歩くこと15分、やっと着いたと思いきやまさかの臨時休業。盥回しにされたことを嘆きつつ、ようやく見つけた近くの店がここ。

 

煮干中華そば鈴蘭 新宿店

食べログ 煮干中華そば鈴蘭 新宿店

煮干し中華そばに外れ無し。スープもごくごくいけてしまう。朝食が珈琲だけだったり、ちょうどいい運動になる程度に歩いたりしたおかげもあるだろうけど、美味かった。ここはまた来たいですね。とても良かった。

f:id:kamituka_tomo:20190606013708j:plain

たまーに食べたくなる煮干しラーメン。あっさりとした味わいが僕の心を満たす。

 

さて昼飯も食って、リリイベの集合時間まで残り3時間くらい。暇つぶしにカラオケに入るのはオタクの性。

 

スマッシュ・ドロップをはじめ、もちょの曲を歌わずにはいられない。

 

f:id:kamituka_tomo:20190606013016j:plain

これはなに

f:id:kamituka_tomo:20190606013112j:plain

はーーーーーーーーー好き。

f:id:kamituka_tomo:20190606013153j:plain

100連くらいで限定星梨花出て良かったーーーーー。傷は浅い。

こんな感じで一通り歌い、リリイベに向けての英気を養う。

 

そしてそして、ついに到着。

f:id:kamituka_tomo:20190606015856j:plain

Zher the ZOO YOYOGI。到着した時には既に数人の選ばれし者たちが。

200人しか入れない中、通常盤と限定盤の2枚応募で当たったのはまさしく僥倖。しかしながら整理番号はまさかの181。こーれはちょっと後方腕組彼氏面斜構オタクするしかないか…?

 

そんなことを考えながら、待つこと1時間。17時になり、いよいよ入場。

 

僕自身リリイベの経験が浅く、当選して行ったことのあるものは直近ではミリオンのMTG0910(4Luxury&花火団)、TB02(オークロ)の2つくらいしかない。

 

その2つもキャパ800~1000くらいはある比較的大きめのイベントだったので当然箱もそれなりに広く、今回は尚更箱が小さく感じた次第。

 

181番目というのもあり、入場した時点で既に前半分、いや2/3くらいが完全に埋まっているという状況。段差があるわけでもなく完全フラットでオールスタンディングだったので、背が高くないと実質デレ3rd。平均的な身長である173㎝の僕は、ちょっと見づらいかなと思いつつも後方に陣取り。腕組みはしない。楽しむ準備は万端。

 

さて、18時になり、もちょ登場。

 

開口一番、マイクが入っておらず焦るもちょ。可愛い。

 

てか近い。前回もちょを実際に見たときはミリオン6th仙台公演の時だったけれど、あの時と比べると箱が小さい分、後方でも距離が近い。可愛い。あとめっちゃ目が合う。最前の人たちよりも、全体を通して後方を見ようとしてくれてたのかなって思うくらい。今のは目が合ったなと確信する場面が625回くらいあったと記憶している。それくらい目を見て話してくれてたんだなって嬉しくなってしまう(もちょ自身のブログでも言及してましたねこのことは)。

 

流れとしては、初めに様々なお題に沿ってトークを繰り広げるのが30分、そのあとにスマッシュ・ドロップをはじめとした新曲を披露するのが15分。45分という短い時間、それでもその分濃い時間になったと確信しています。あの空間にいたことが何にも勝る喜び。

 

さて、今僕はもちょのリリイベについて驚くべきレポートが書けそうだが、ここに記すには余白が狭すぎる。

 

なので覚えている範囲でさらっと書くことにします。そもそも言語化すると陳腐なものになってしまいかねないので。

 

・もちょ「どこから来ましたかー!」僕「大阪ー!!」

どこから来たかとりあえず聞く、よくあるやつ。僕のほかにも3人ほど「大阪ー!!」という声が聞こえてきて、意外と地方遠征組が多いのかな?と思った。もちょも「いやむしろ東京という声が聞こえないからもしかして皆遠くから来たの!?」と笑っていた。でも、もちょが「関東の人ー!」と聞いたときに9割の人が挙手していたので、まぁそうだよなぁと。福岡から来た人は聞いた限りではいなかった。

 

・もちょ「優柔不断なところが自分らしい…悲」

お題「自分らしいと思うところ」について、もちょ「何か哲学的なやつだねw」と笑っていた。何を食べるか、どのような服を選ぶかなど、様々な選択においてどちらにしようか悩む、そういった優柔不断なところが逆に自分らしいなぁと半分嘆くように話していた。けれど、「みんなはすぐ決められる人か優柔不断な人か」と聞いたら優柔不断な人の方が多く「類友なのかな」と笑っていた。

 

・もちょ「昼間から飲むお酒ってホント最高ですよねwww」皆「それwwww」

お題「幸せを感じること」。もちょ曰くコンビニに置いてあるコーンとマヨネーズの細長いパンが大好きだそうで、このイベントの少し前の休憩時間に置いてくれてあるのを見つけるやいなや、すかさず食べたそうな。そして休みの日は部屋着のまま少女漫画読みながらお酒を飲むのだそう。もちょ「みんな仕事してるんだろうなぁって思いながら、お酒飲んでますwww」最高かよ。僕ももちょと酒飲みに行きたいなぁ。正直この瞬間距離がグッと縮まった気がする。気がするだけだけど。

 

・もちょ「今回のMVの最後、無意識にふふって微笑んでたのが使われてたの見て、監督~~~~~!!!!って!笑」可愛いなぁ「僕」

MVと衣装についての話。今回のスマドロMVの最後、ふふって微笑むところがめちゃくちゃ可愛いんだよなと思っていたら見事に言及してくれて「それーーー!!!!!」としか言えないオタクになってしまった。今回もMVの中で様々な衣装を着こなしているんだけど、皆にどの衣装が好きか多数決をとっていた。やはりというべきか、一番手が挙がったのは水色のトップス。もちょ的には紫の衣装が好きだったらしいけど、俺たちの好みは水色だったわけ。

 

・もちょ「ワンタップで壊したいものって?」皆「会社ー!!!」

お題「ワンタップで壊したいもの」。今回のスマッシュ・ドロップの歌詞にもあるように、とにかく壊したいものについて考える。皆が口々に「会社ー!!!」と叫んでいて、

も「逆に会社に行くのが楽しいー!って人いますか?」

2,3人(挙手)

皆「マジか…」

もちょはこれからの季節である夏が壊したいほど嫌いだそうで。

も「基本的に何にでも思い切り嫌いって思わないようにしてるんですけど、夏は本当に嫌いで…」

も「逆に夏の良いところって何かありますか?」

皆「夏休み!」

も「いやもう夏休みとか関係ないので…」

皆「かき氷!」

も「かき氷あんまり好きじゃない…そういやあれかき氷って味全部同じなんだっけ」

皆「プール!」

も「水嫌い!むしろ写真集の撮影で水に入ったのが小6以来で…中学からはプールのない学校に行ったから…」

皆「花火!」

も「あー花火かぁ~…うーん、いや、人混み苦手だからな~…いやでも、うーん…」

も「もう夏はかみんしたい!あ、夏に眠るで夏眠ね!」

夏と冬どっちが好きかというのも皆に聞いてみると、これまた冬派が多く、「やっぱ類友だね」と笑っていた。

 

・お題「ドロップで好きな味は?」もちょ「これホントに皆知りたいのかな?w」

特にこれといった話はなかったけど、ドロップの缶を全部バーッて出して、薄荷があると「あ、薄荷かぁ…」となるくらいには薄荷は苦手らしい。葡萄が好きかなぁという答えに、皆は「あぁ~」みたいな反応を示していた。青りんご味が一番好きとも言っていたが、「青りんご味って何か不思議じゃない?青りんごって、なに!?」と不思議がっていた。

 

・もちょ「願いが叶うなら、新潟に行きたい!」

お題「願いが叶うなら?」というもので、前半のリリイベの時に「食べても食べても太らない体」「見たり聞いたりしたこと全部記憶できる」「病気とかにかからない健康な体」が欲しい!と言っていたらしいけど、それだとあまりにも非現実的なので、叶う範囲で考えると、「新潟に行きたい」らしい。前々から友達と旅行の計画を立てていたけど、結局予定が合わず流れてしまったらしい。一人だと勝手に行けばいいんだけど友達と一緒に行こうと思うと難しいみたいで。

もちょ「新潟行って雪の、あれやりたい!なんだっけあの、あれ(どう考えてもかまくらを連想させるジェスチャー)」

皆「かまくら?」

も「うーん違う、あれ、あの」

皆「スケート?」

も「あー違う、」

皆「…スキー?」

も「そうそれ!スキー!スキーやりたい!!」

いの一番にスキーという単語が出てこないもちょ可愛い。ただ、

も「なんか、スキーって簡単そうだし」

皆「そんなことないよ…?」

も「なんか、転んでも雪だからケガしなさそうで」

皆「骨折れるよ!!」「雪をナメないでいただきたい」

も「え!?骨折するならスキーはやらないかな…」

なんでも、前にジャンプしてただけでねん挫したらしいし。人生で骨折はしたことないから骨は折りたくないなぁと言ってた。

 

・今回の私服衣装について、もちょ「超久々に原宿に一人で行って買ってきました」僕(スカートが見えねぇ…)

今回の衣装は、原宿で店員さんに勧めてもらって買ったとのこと。ワンピースくらいに丈の長い紫のシャツをチェッカーのスカートにインして、レースのインナーを中に着る。もちょ「中にレースのインナーをこんな感じに見せてるのって初めてだったけど、店員さん曰く最近の流行り」らしい。いやまぁ何着てても可愛いんですけどね。とはいえちょっと後ろ過ぎてスカートや脚までしっかり見えなかったのが少し残念。最前の景色はどんな感じだったのだろうか。買い物が終わって一人クレープを食べながら歩いていると、若い子たちがきゃっきゃ言いながら自撮りしてて、楽しそうだなぁと思いながら通り過ぎたらしいけど。僕「一緒にクレープ食いたい以外の感情を失った。」

 

こんな感じで30分のトークを終え、ここからは15分のライブパート。

 

まず一曲目は、今回のカップリング曲「シュークリーム」。

この曲の歌詞、ホント等身大すぎるというか、うわぁこういうカップルいそうだよなみたいな妙なリアルさを感じる曲。彼氏の方は割とクズっぽいというか、彼女の方が一方的に好きみたいな感じで、でもたまに彼氏の方も彼女のこと考えて行動してるところもあって多分彼女は彼氏のそういうところに惹かれるんだろうなぁみたいな(早口)。このカップルが将来DVみたいなことにならないよう願いつつ。

 

さて2曲目、まさかの「Fanfare!!」

基本リリイベってそのCDに収録してる曲しか歌わないイメージがあるので、Fanfare!!が来ることは予想だにしなかった。いやでもライブでやったら楽しいだろうなぁと思っていたらこれですよ。てかこの数時間前カラオケで歌ってるし。

 

f:id:kamituka_tomo:20190606013016j:plain

よく見るとこれは「トクベツいちばん!!」を歌っていた様子。

Fanfare!!はコールも比較的多く、歌い終わってからも、

もちょ「これからこういうコール多い曲もっと増やして、皆に試練を与えていきたいね~」なんてことを言っていた。ぜひもっと増やしてくださいお願いします。

「伝えよう(大好き)」の(大好き)のところ、会場の気持ちは一つだった。

 

そして最後の曲、「スマッシュ・ドロップ」。

この曲、とにかくテンポが速くて息継ぎの暇がないくらい忙しい。いや別に僕が歌うわけではないけど、これをライブで通して踊りながら歌えるって、やっぱ凄いなぁと唯只管に関心していた。この曲に至っては振り付けが楽しめるので、会場内でも振りコピして楽しんでいた人が多かった印象。MV見返さなきゃな。何回も見てるけど。

 

こんな感じで、リリイベ終了。会場が一体になって盛り上がる楽しさを、このイベントで味わうことが出来て本当に良かった。至高の45分間だった。ありがとう。

f:id:kamituka_tomo:20190606054944j:plain

またリリイベ当てて東京でもどこでも行きたいな。

 

さて、もうこの時点でこの記事、もちょのリリイベのことだけ書けばよかったのでは?ってなってるけど、この遠征は酒で〆ると決めていたので、蛇足だろうけど晩飯の話も書きます。

 

とはいえ酒の話は酒の話で長くなるので、ここらでいったん休憩。
 

 もうちっとだけ続くんじゃ。